海と空と青 一笑・一照・一祥

アクセスカウンタ

zoom RSS なにもない それ  (34)

<<   作成日時 : 2014/09/23 11:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

外界で起きている出来事を変えようとあくせくしないでください。
受け入れようと努力したり許さなければならないと思ったりしないでください。
まわりの人々をコントロールしたいという欲求を捨ててください。
あなたは、ただ起きている物事をなりゆきに任せて神に委ねてリラックスするだけでいいのです。
リラックスできれば、起きているあらゆるものの中に最愛のものが存在していることを感じてみてください。

思考が湧いてきたら「この思考はどこからやってくるのか」感じてみてください。
何回もこの質問はする必要はありません。
あなたが感じようと感じまいとあなたの本質は起きているあらゆるものの中に最愛なるものを観ています。
最愛なるものとは神なる存在です。
あらゆる出来事の中に神は存在しています。
怒り苦しんでいる時、悩んでいる最中、迷いや不安で眠れない時にも、人に拒絶されたり、愛する人に死なれたり、人から騙されたり、大混乱に陥っている時にも、あなたの思考や感情の影響を一切受けていない常に変わらず存在しているものがあなたの“源”にあります。
それがあなたの本質です。
それと1秒でいいですから一体となってください。
5秒間、思考をストップさせて感じてみてください。

あなたが静寂そのものだとほんの少しでも理解できれば静寂さから遠ざけるものは何か、気づきをもってチェックしてみてください。
深い静寂の中では自分自身は消え去ります、チェックしてみてください。
静けさから遠ざかるその瞬間を10回に1回でも気づくことができればOKです。
そして、静けさに戻る。
方法に捉われずに感じてみてください。





ガイドブック『なにもない それ』から著者の了承を得て転載しています。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

なにもない それ  (34) 海と空と青 一笑・一照・一祥/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる