海と空と青 一笑・一照・一祥

アクセスカウンタ

zoom RSS なにもない それ  (29)

<<   作成日時 : 2014/09/28 08:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

あなたの本質を今度は空間と仮定してみましょう。

あなたの肉体が死んでも本質は死ぬはずがありません。

空間が滅びるとでもいうのでしょうか。

ハートのチャクラ辺りに感じるあなたの本質である空間と目の前に存在する空間は同じです。

宇宙の空間とも同じで、空間同士なんら違いがありません。

なので、あなたはすべての空間と同じなのですから、あなたはすべてです、全宇宙です。

このことを思考の理解ではなく体感した時「悟り」というのです。

あるいは、自分の本質は何もない、敢えて名前をつけるとすれば「空」「無」であると疑いなく体得することも「悟り」です。

あなたの本質である「なにもないそれ」は、満ち足りた感覚であり、究極の至福感でもあります。

あなたが本当に求めているものは、実はこの感覚なのです。





ガイドブック『なにもない それ』から著者の了承を得て転載しています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

なにもない それ  (29) 海と空と青 一笑・一照・一祥/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる